流出なく処理が可能|信頼してもらう為に取得するISO22000|ビジネスには必要

信頼してもらう為に取得するISO22000|ビジネスには必要

男の人

流出なく処理が可能

オフィス

委託か自社処理か

ビジネスを行うとき、大手会社が取引をしてくれると安心感があります。中小企業だと、初めて聞く会社だと何をしているかわからないこともあります。ただ、会社の大きさだけで選ぶと良くないこともあります。機密書類の処分を行ってもらうときに業者に依頼をしますが、有名会社の場合にどこが処理をするかを確認しましょう。場合によっては委託をしていることがあるからです。実際に処理をしている会社があるなら、その会社のことを知る必要が出てきます。中小の機密書類を処分する会社の場合、自社処理をしてくれる場合があります。焼却炉や溶解炉などを持っているところであれば、その様子などを写真に撮って証拠として渡してくれることもあります。自社処理をしているところの方が安心です。

複数の方法から選ぶ

会社情報は電子化が進んでいます。新しい情報はすべて電子化していることもあるでしょう。しかし、古い情報などには書類もあります。契約書などは新たにたまっていきます。機密書類は基本的にはすべて保管をしますが、不用意なる場合には処分をします。ただ、普通にごみとして捨ててはそれが流出する可能性があります。機密書類を処分する方法として、自社で行うならシュレッダーで地道に行うことがあります。ただ、あまり効率は良くありません。沢山あるなら業者に依頼することがあります。トラックの荷台に大型のシュレッダーがあり、現場で直接処理してくれる業者があります。その他、焼却をする業者、溶解をする業者があります。書類だけか、ファイルごと出せるかによっても違いがあります。