信頼してもらう為に取得するISO22000|ビジネスには必要

男性

食の安全を示すことが可能

キーボード

消費者や取引先に示す

食べることなしに生きることはできません。先進国などでは自給自足をしている人は少なく、何らかの形で食べ物を購入して食べます。その食べ物が安心できるものかどうかは大事で、提供業者をチェックすることもあります。ISO22000は、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格になります。食品を安全に精算し、流通、販売しているかどうかが審査され、その審査に合格すればISO22000に認証したことを掲示することができます。食品関係のビジネスを行っている会社であれば、直接消費者に提供しているなら消費者への信頼を得ることができます。一方、業者などに卸すビジネスをしている場合にも、取引先に対して信頼が得られ、より円滑なビジネスが可能になります。

社内の意識を向上

食品関係の会社でトラブルが生じると、ニュースなどで報道され、一気に信用を無くすことがあります。その影響力は大きく、場合によってはビジネスそのものが継続できない場合があります。トラブルを起こさないためには、会社内でいかに安全に対する意識を高めるかが必要になります。ISO22000は、対外的なメリットのために取得をすることがありますが、それ以外に体内的なメリットも得られる場合があります。厳しい審査を受けるにあたって準備が必要で、その中で業務の見直しなどを行う場合があります。ISO22000によって、食品に対する社員の意識を変えられる場合があります。トラブルが起きそうなときにもそれを阻止するための仕組みを作りやすくなります。

信用のために有利になる

IT

情報を扱う業者としての信用を示すのに、Pマークの取得が有効になることがあります。入札などで有利になることがあり、早く確実に取得を目指すのであれば、コンサルを利用するのが良いとされます。取得後には更新が必要になります。

詳細へ

文書管理の効率的な方法

女性

時代が変わり、技術が進歩しても、意外と紙という媒体は残っています。紙であれ、電子ファイルであれ、文書を管理するためには、文書管理システムの導入が不可欠です。自社の目的を把握して、それに適したスペックを持つシステムの導入を検討する必要があります。

詳細へ

流出なく処理が可能

オフィス

会社には、古い機密書類などが残されています。業者に依頼をして処分をすることになりますが、できれば直接処理をしてくれる業者に依頼をした方がいいでしょう。方法にはいくつかあり、書類の形式によって選ばないといけない場合があります。

詳細へ